ホーム・ガーデニングノウハウをみんなで自由に編集し合える!

まな板の使い方や手入れ方法 ホーム・ガーデニング


『まな板の使い方や手入れ方法』について

当社サイトにも記載されていることなのですが、あえて書きたいと思います。


■■■使用前

  木のまな板を使う前に、必ず水で濡らして下さい。
  まな板に水分を含ませるのは、食材の水分が染み込むのを抑え、臭いをつきにくくするためです。

  ただし、濡れたままではその素材の味や風味を落としてしまうので、固くしぼったふきんで拭いてから
  使用する事をおすすめします。


■■■使用後

 通常ご家庭で扱っている手順でかまいません。(洗剤で洗って立てかけるだけ)!

  ですが、まな板の使用後のお手入れ方法として、ここまですると完璧な方法をご紹介します。

  まな板を使った後は、クレンザーとたわしでこすり洗いをし、水で良く流します。
  ※(洗剤よりクレンザーの方が研磨剤の働きをしてくれるそうです。)
  ※(最初からお湯で洗うとまな板にタンパク質の成分が残って、固まり、臭いが残る可能性が
    あります。)やっぱりお水ですね!

  その後、熱湯をかけ(ぬるま湯は黒ずむからダメ)、お湯をきってふきんで拭き、
  風通しの良い場所に置いて乾燥させます。


■■■ひと月に一度…

  月に一度は、消毒をかねて漂白する事をお勧めします。

  洗い桶に、標準使用濃度に薄めた液を作り、十分に濡らしたまな板を、1〜2時間つけておきます。
  つからない部分があれば、ふきんで覆い、液がふきんを伝わって全体に回るようにします。
  その後は、十分にすすいで漂白成分を取り除き、乾燥させます。


■■■カンナで新品同様!

  長い間使い込んでいくと、まな板の表面が傷つき、汚れが目立ってきます。
  その時は、カンナで削ると新品同様に戻ります。
  ※ カンナがけは、お近くの木材を扱う会社にご相談下さい。

  これが、木製まな板の特徴になります。

  ( 今の時代、カンナがけするよりは、買い換えする方が多いです。 )



現在、プレゼント実施中です。
ぜひ、当社(緒方製材所)ホームページをご覧下さい。

緒方製材所

http://ogataseizai.web.fc2.com/


引用元URL: http://ogataseizai.blog115.fc2.com/blog-entry-4.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く