アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

中古アコースティックギターの選び方 アート・エンターテイメント

中古アコースティックギターを選ぶ場合、新品を買うのと違い、たくさんの情報と覚悟が必要になります。
中古なのですから、どこか不具合があるのは当たり前で、綺麗な音が出るとは思わないことです。
前に使っていた人が、そのギターをどれくらい大事にしていたか、どれくらい弾いていたかなど、
情報がたくさんあれば、購入の際の判断材料になるでしょう。お店の人に聞けばわかる場合もありますので、
気軽にお店の人に聞いてみてください。

ギターを確実に上達できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/guitar_renshuu/


そして、ある程度の変形や割れ、弾きにくさを我慢しないと、中古のアコースティックギターを買うことはできません。
「中古である」と覚悟の上で選ぶ事が大切です。
我慢の出来る範囲でギターを選び、あとは自分の力で手を加えていくことで、「自分のギター」になり、
新品で買うのとは違った「愛着」が持てるかもしれません。
新品で購入する時にも同じことが言えますが、そのギターが自分の体に合っているか、
グリップは持ちやすいかどうか、形は気に入るかどうかなど、吟味する点はいくつかあります。

次に値段ですが、「中古だから安くていい」とは思わないようにしてください。

中古アコースティックギターには、数千円で売っているものもありますが、それはそれなりのものです。
「値段に見合った楽器」と言うことです。新品で買うと4〜6万円のものであれば、約3万円以内の金額になっていると
思います。これくらいの値段のものを選ばないと、中古でも良いものは手に入りません。

頑張って良い中古アコースティックギターを探しましょう。

ギターを確実に上達できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/guitar_renshuu/


引用元URL: http://thesouteernocean.blog118.fc2.com/blog-entry-61.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く