健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

メイクブラシのお手入れ 健康

メイクブラシは、使い出すと手放せなくなりますが、つきが悪くなったりしない限りは、お手入れはあまりしませんが、

メイクブラシのお手入れ方法を、ご紹介します。

通常は、使用した後に手の甲などで、余分な粉を払い落とします。

また、1週間に1回ほど、ティッシュに軽くなでるように、汚れ(粉)を拭き取ります。

このお手入れさえしていれば、毛も傷める事なく、つきも悪くならずに使用できます

ただ、下地の上に直接ブラシでフェースパウダーをつけたり、
リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションの上に、フェースパウダーをつけたりしていると、
毛がボテッとしてしまい、つきが悪くなってきてしまうので、その場合は、頃合を見て洗います
(基本は、軽くパフで全体をおさえてから、メイクブラシでフェースパウダーをのせてください)

中性洗剤で洗うという方法もあるようですが、やはり、充分すすぎをしても、
洗剤成分などが残っているような気がするので、アリッサムは、シャンプーで洗うようにしています。

そう、考えてみれば、天然の動物の毛なんですよね。

その際に、やはりごわつきが気になる場合は、リンスをしても良いでしょうが、充分すすぎをして下さい。

アリッサムは、シャンプーのみにしています。

洗ったら、形を整えて、風通しの良い日陰で乾かします。

このお手入れで、何年メイクブラシを使っているだろう?

ブラシ専門のお店では、粉で洗う方法を紹介しています。

粉とは、コーンスターチや小麦粉などです。

粉をブラシにつけて、その後粉をはたいて、ティッシュなどで拭き取ることを何回かすると、
きれいになるそうですが、この方法はまだ、試したことはありません。

通常のお手入れで、充分使用感を損なわずに、長持ちしますよ!

引用元URL:http://minnakirei.blog70.fc2.com/blog-entry-74.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く