ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

老眼を防ぐ、眼球トレーニング 

はじめに


ちょっと薄暗い場所に入ると本や地図がとても読みづらい、いつもかけているメガネなのに、長時間使用しているといつも以上に目が疲れてしまう、新聞などを読むときに目からちょっと離さないと字が良く見えないなどの症状がある場合は、単なる疲れ目ではなく、老眼のサインかもしれません。

症状

なんだか新聞の字が読みにくくなってきた。パソコンの文字が見えにくく、目が疲れやすい。

原因

目の老化は20歳から始まっている!?
眼の中にはレンズの機能を果たす水晶体という部分があります。この水晶体が固くなり弾力が失われると、近くのものを見るときに、しっかりとピントを合わせられなくなります。実は、水晶体の柔軟性は20代から失われ始めるといわれています。
しかし、一般的には、生活に支障がでる30cm手前のものが見えなくなる状態を老眼と呼んでおり、50~60歳ころからそういった症状が現れ始めます。

放っておくと…

「体調不良も引き起こす」
老眼が進行すると、眼精疲労になりやすくなったり、頑固な頭痛やめまいを引き起こすことがあります。

対策

「自分の老眼度」を知って「眼球トレーニング」で筋肉を鍛えよう!
まずは、自分の老眼度をチェックしてみましょう!
チェック方法は簡単。人差し指を目の前に出して、少しずつ顔から離していき、指紋がはっきり見えるところでとめて下さい。指が顔から30cm以上離れていたら、老眼が始まっている可能性ありです。

水晶体の厚さは、毛様体筋という筋肉によって調節されています。遠くと近くを交互にみるトレーニングで、この筋肉を鍛えましょう!

さらに・・・、老眼は治らないと思われがちですが、実は、最近では老眼を治療する方法が発達してきています。

老眼を防ぐ、眼球トレーニングはこちらをチェックしてみてください!
↓↓↓↓↓
http://www.karada-aging.jp/sign/eyes-ear-nose/eyes-ear-nose05?utm_source=fc2_120906_rougann&utm_medium=social
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く