健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

うつ病や自律神経失調症の秘密 健康

力が入らない原因 ~カリウムと、うつ病・自律神経失調症の関係~

 最近、「力が入らない」と訴える患者さんが少なくありません。実はこの症状は、うつや自律神経失調症の症状では珍しくなくけっこう頻繁に見られます。手に力が入らない人もいれば、足に力が入らずうまく歩けない・立てないといった方まで症状は様々です。 ここではその原因や対策をお伝えします。
「力が入らない」という症状がある方は
 まずは、力が入らないという症状がある場合、脳や神経の病気の場合がありますので必ず病院で検査をしてもらって下さい。受診するのは脳神経外科がいいでしょう。 このページは、病院で検査をしても異常は見つからない方を対象としております。
カリウムの過剰摂取とストレスの関係
 力が入らない場合、神経がうまく働いていないことが多いです。その原因はカリウムが体内に過剰に多い状態になっているという場合があります。 カリウムが多すぎると神経伝達が上手くいきません。

 例えば、腕を動かそうと思った時に、脳から腕に「動きなさい」という指令が神経を伝って届きます。ところがカリウムが体内で過剰になると神経が脳の指令を上手く伝達できずに筋肉が動けません。 そのため、手足や色々なところに力が入りにくくなります。

 これは自律神経によって無意識に動く瞳孔や胃腸なども同じで、動きが非常に鈍くなります。注射や点滴などでカリウムを大量に体内に入れると、心臓さえ動けなくなってしまうのです。通常ならばカリウムが過剰に体の中に留まることはなく、カリウムとナトリウムはバランスを保っております。

 また、日本人はナトリウム(塩分)を多く含む食事が多いため、むしろカリウムをたくさん摂るように推奨されている風潮があります。しかし、ストレスが長い期間かかっているような時にカリウムをたくさん摂る食事は、色々な症状が悪化する可能性があり、力が入らないなどの症状にもつながります。

 本来カリウムが過剰になった場合、アルドステロンというホルモンが分泌され尿などでカリウムは排出されていきます。しかし、このアルドステロンというホルモンは抗ストレスホルモンであり、ストレスを感じている時にたくさん分泌されます。

 そしてそのストレスが長期間あった場合、アルドステロンの生産量が間に合わずになくなってしまします。するとカリウム濃度が上がってもアルドステロンが分泌できずにカリウムが排出されません。先ほどお伝えしたように、カリウムは増えすぎると神経の伝達能力を低下させてしまいますので、力が入らなくなったりしますので注意が必要です。
カリウムを過剰摂取しないために知っておくべきこと
 カリウムの過剰は自律神経の副交感神経の働きも低下させてしまいます。そのため、不眠症や食欲低下・便秘なども起きたりします。そこそこ多い症状として「まぶしく感じる」というものもあります。これは瞳孔収縮筋が、カリウムが過剰にあることで働けなくなり瞳孔が開きっぱなしになるからです。

 このようなことから長くストレスを感じている場合、カリウムは取らない方がいいのです。 カリウムが多い食べ物としては、大豆・煮干し・昆布・わかめ・ひじき・干しシイタケ・切り干し大根・干しブドウ・アボガドなどです。しかし、食事はカリウムだけを考えるものではありませんのでバランスも大切です。

 また、カリウムはナトリウムとのバランスが重要ですので、血圧などに問題がなければストレスが続くときには塩分を少し多めの食事をするのもいいでしょう。 しかしこれはあくまでの対処療法的な対策なので、根本的な問題を解決する必要があります。
こちらのサイトも参考になります↓
http://shinkeinaika.com/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く