コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

iPhoneリカバリーモードの解除&復元方法 コンピュータ・インターネット

今までの携帯電話からiPhoneに変更したことによって、調べ物もスムーズになって外出先でも手放せず、ちょっとした時間にはアプリも楽しめるなどそれぞれに便利な使い方があると思います。しかし、それと同時に些細な操作などでiPhoneが思いもよらない事態になる場合も十分にあります。その1つはiPhoneがリカバリーモードになることです。


このiPhoneリカバリーモードとは、iPhoneには欠かせないiOSの更新時に起き得ることで、更新を失敗した場合にiPhoneのデータの初期化を求められることです。例えば、パソコンに接続して更新中にiPhoneの電源が切れた場合や接続自体の不具合などが原因になります。また、OSの更新とは別で単純に強い衝撃や水没といったOSの破損もリカバリーモードの引き金になります。リカバリーモードになってしまうと、いつものようにiPhoneを使えなくなってしまい、iTunesへの接続とiPhoneの初期化をすることしかできなくなります。

そこで、通常の操作ができないiPhoneリカバリーモードを解除するには、あるソフトを使用すればすぐに元通りになります。それが今回紹介するWondershare「Dr.Fone for iOS(Windows版)」です。
http://www.wondershare.jp/win/iphone-data-recovery.html

早速、iPhoneリカバリーモードの解除方法を説明していくので、まずは上記のソフトをお使いのパソコンへダウンロードをします。ソフトを起動したら、メイン画面上でリカバリーモードなったiPhoneをパソコンに接続にしていきます。

Step1.ソフトメイン画面右上の「システム修復」をクリックします。



Step2.iPhoneが検出されました。「次へ」をクリックします。


Step3.ブラウザのアドレスバーにURLをコピーして、iOSのファームウェアをダウンロードします。



Step4.Apple.comからお使いのデバイスに対応したiOSファームウェアを選択して「修復開始」をクリックします。


これによって、iPhoneのリカバリーモードは解除されて通常の操作ができるはずです。iPhoneが元の状態に戻ったら、パソコンから外してiPhoneのデータで消えてしまったものが無いか確認をします。仮に、連絡先など一部のデータが無くなってしまってもがこのソフトあれば、安心です。

なぜなら、このソフトはiPhoneリカバリーモードで無くなった大切なデータもしっかりと復元してくれます。さらに、バックアップが無い状態でもiPhoneからすぐに大切な連絡先やメッセージなどの復元が行え、iTunesなどのバックアップを利用した復元も可能なソフトです。

そこで、今回はiPhone本体からの復元を例に手順を説明していきます。

まず、先ほどと同じようにソフトの起動とパソコンへのiPhoneの接続をしていきます。



次に、画面上部にある「iOSデバイスからリカバリー」の項目を選択し、表示されている「開始」ボタンをクリックします。これで、iPhone本体がスキャンされて無くなったデータも見つかるはずです。


作業が終了すると、iPhone内のデータが項目別に一覧となって表示されるので、連絡先やメッセージなど復元したい項目からそれぞれの内容を確認していきます。その中から復元したいデータだけにチェックをしたら、画面右下の「復元」ボタンを押して作業は完了です。こうして、iPhoneリカバリーモードで無くなった大切なデータも復元され、手元に戻っていると思います。



突然にiPhoneがリカバリーモードになった時は驚いてしまうかもしれませんが、その時はすぐに初期化せずにこのWondershare「Dr.Fone for iOS(Windows版)」を活用してみてください。すぐにiPhoneのリカバリーモードを解除できると同時に複数の手段でデータも難なく復元できます。
http://www.wondershare.jp/win/iphone-data-recovery.html

いつも使用している大切なデータを失わないためにもWondershare「Dr.Fone for iOS(Windows版)」はおすすめのソフトです。
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く