健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

高所恐怖症を克服するための治し方・治療法!  健康

高所恐怖症は、比較的多くの人が該当する恐怖症ではないでしょうか。

症状としても、その名のとおり、高い場所に恐怖や不安を感じてしまいます。
私もそうなのですが、ほとんどの人が高所は苦手ではないでしょうか。
まあ、まれに高い場所が好きな人もいるとは思いますが、高所恐怖症でなくても
高い場所に恐怖や不安を感じることは普通の反応なのです。

それは生物として、あたりまえの防衛本能からくるものです。

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。


だって、そうじゃないですか?
ほとんどの生き物は高所から落ちてしまうと怪我をしたり、最悪の場合は命を落としたりします。

たとえば、高いビルの屋上から身を乗りだし、下を覗いて怖くない人はほとんどいないと思います。
たまにこのような状況で怖いと感じることが、高所恐怖症だと思っている方がいるのですが
これは、高所恐怖症でも何でもありません。

生物として危険を感じるという普通の反応です。

ここでいう高所恐怖症というのは、高層ビル等の完全に安全な場所でも、高い場所に行くと
落ちてしまうのではないか、という恐怖や不安を感じてしまう人を言います。

螺旋階段などの、下が見える階段や飛行機に乗ることに対しても、恐怖を感じてしまうので、
高所恐怖症が悪化してしまうと、日常生活にも支障をきたす辛い病になります。
酷い場合は2~3メートルの高さでも恐怖を感じてしまい動けなくなってしまう人もいます。

高所恐怖症の症状としては、めまい、発汗、体の硬直、動悸など様々で人によって
その症状に違いはありますが、高所恐怖症で悩んでいる方は多いでしょう。

じゃあ、どうすればいいのという話ですね。
これは私の父の話なんですが、私の父は仕事上、高所で作業をすることが多くありました。
高所といっても数十メートルで命綱を付けて作業をする仕事です。

その恐怖から仕事を辞めてしまう人もたまにいたようです。
もちろん、父も最初はあまりの高さに高所恐怖症でもないのに、体がすくんでしまい
動かなくなってしまったそうです。
それでも、何度も仕事をしているうちに、その高所にもなれて、最終的には
「100メートルの高さのブランコに乗っても怖くない」とさえ言っていました^^

これは今思えば、認知行動療法のようなものだと思うのですが、人間は最初は恐怖を感じていても
何度も何度もその恐怖の対象となるものと接触することで、慣れていくことがあります。

私もあるのですが、最初は怖いと思ったり、緊張したりすることでも、何度か経験をすると
その度合いが軽くなった経験が多々あります。
高所恐怖症でも同じことが言えるようで、少しずつ高さをあげて、ちょっとずつ
耐性をつけることである程度は高所恐怖症は解消できる病気になると思います。
といっても極度の高所恐怖症で悩んでいる方はこれすらもできないかもしれません。

その場合は、新田先生の【恐怖症克服マニュアル】を試してみてはどうでしょうか。


この方法は私達夫婦も恐怖症を改善することができた方法になり、自宅で薬を使うことなく
短期間で恐怖症を改善することができる方法なので、もしかしたらあなたの恐怖症

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く