健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

失敗恐怖症の症状と克服法~完璧主義で何もできない・・・  健康

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。





失敗恐怖症とは、何かに挑戦して失敗してしまうことに極度の不安や恐怖を抱く恐怖症です。
そんな失敗恐怖症の症状を改善することができる治療法を知っていますか?
当サイト管理人はその治療法で実際に恐怖症を改善することができました。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


失敗恐怖症と完璧主義
「自分は完璧主義だから何もできない」というのを失敗恐怖症と思ってしまうことが
あるようですが、少し違っていて、失敗恐怖症は完璧主義だから何もできないのではなく、
失敗すること自体が怖いから挑戦することができないということです。

何かに挑戦して・・・といっても、すごく重要な出来事ではなく、ちょっと頼まれたことや、
上司に仕事を指示された、などの普通の出来事でも、どうしようもない不安を感じてしまう
場合は失敗恐怖症の可能性があります。

「完璧主義だから何もできない」という場合は、困難な挑戦はできないかもしれませんが、
社会生活の普通の出来事に対しては恐怖心はないと思われます。

ここが「完璧主義で何もできない」ということと、失敗恐怖症の大きな違いではないでしょうか。

失敗恐怖症でよくある特徴としては、
普通ならあまり気にしないような小さなミスでも、極度に落ち込んでしまう。
失敗を注意されることで自身の存在を全否定されたような気持ちになってしまう
何か失敗したときに、周囲の人達から嘲笑されていると感じてしまう。
失敗することに対して異常なまでの不安を感じてしまい、失敗を避けるため
何も出来なくなってしまった。
というように失敗恐怖症の特徴は様々で、原因としては過去のトラウマによるものが
大きな要因になっているようです。

たとえば・・・


[check] 幼い頃から両親の教育が厳しく、何か失敗をする度に厳しく躾をされたことが
原因となり、何かをする時に「失敗するとまた怒られる」という考え方が定着してしまい
挑戦することに対して強い不安・恐怖を抱くようになってしまった。

[check] 小学生の時は、どちらかといえば優秀な方だったが、中学生になり、勉強や部活で
どうしても超えられない壁に遭遇して挫折してしまい、それ以降、マイナス思考になり挫折
することに強い不安を感じて、挑戦することができない性格になってしまった。

[check] アルバイトで簡単な作業に失敗し、何度も厳しく叱られることで、失敗に対して
強い不安・恐怖を感じるようになり、何かをする時に常に失敗のことを考えてしまい、
緊張感が高まることでさらに失敗が増えてしまいどうしようもない劣等感に陥ってしまう。


というように様々な過去の出来事がトラウマとなり失敗恐怖症になってしまいます。

失敗恐怖症になってしまう原因は、過去の「とらわれ」によるもので、克服する為には
この心の「とらわれ」を少しずつ改善する必要があります。
人間だれでも失敗するものです。むしろ、失敗しない人の方が少ないでしょう。いや、
失敗しない人なんていないのではないでしょうか?

人は失敗して成長するものです。

失敗恐怖症の方は過去の「とらわれ」が原因となり、【失敗する】ということに対して
強い不安、酷い場合は罪悪感さえ感じてしまうようです。

失敗恐怖症を克服する為に必要なことは、過去の「とらわれ」をしっかりと受け止めて
「失敗することは駄目なこと」という心の「とらわれ」を「失敗することは悪くない」という
考え方に少しずつシフトしていく必要があります。

ここで重要なのは、あせって改善しないということです。
あせって改善しようと無理に挑戦をすることで、もし失敗を繰り返してしまうと、さらに
心の「とらわれ」は強くなってしまい重症化してしまうからです。
あせらず、最初は小さなことから挑戦し成功することで、挑戦することに対しての不安を
改善し、少しずつ難易度を上げていく必要があります。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く