健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

乾癬の治療-光線療法 健康

乾癬の治療-光線療法

【乾癬を完治できる病院では教えてくれない方法】はこちら
⇒ http://commufreelife.com/kansen/

乾癬の治療の一つに、光線療法があります。

乾癬での光線療法は、塗り薬を塗布しても、
乾癬がなかなか治らない場合や、乾癬症状が広範囲に渡る時に行われます。

光線療法は、人工的に作り出した光を患部に照射することによって、皮膚の炎症を抑えたりします。

乾癬の光線療法に使用される人工的な光は紫外線です。

紫外線と聞くと、どうしてもあまり良い印象はありませが、
紫外線を上手く利用することで、乾癬などの皮膚治療にも利用することができます。

紫外線には波長の短い物、中くらいの物、長い物があり、
それぞれ、「短波長」「中波長」「長波長」と呼ばれています。

乾癬の光線療法-PUVA(プーバ)療法

乾癬の治療に使用されるのは長波長で、皮膚の炎症や増殖を抑える働きがあります。
この治療のことをPUVA(プーバ)療法と言います。

乾癬の光線療法-ナローバンドUVB療法

最近では、PUVA療法以外に、ナローバンドUVB療法が行われることも多くなってきました。
ナローバンドUVB療法は、長波長ではなく、中波長を使用しています。

中波長には皮膚に有害だと言われる波長が含まれていたのですが、
ナローバンドUVB療法では、この有害な波長を取り除いて使用しているのです。

PUVA療法では、紫外線の感受性を高めるためにソラレンという薬剤も一緒に使います。
しかし、ナローバンドUVB療法では、薬剤を使用する必要はありません。

照射時間もPUVA療法に比べて短時間で済みますし、
簡単で安全な上、乾癬にも効果が高いと言われています。


【乾癬を完治できる病院では教えてくれない方法】はこちら
⇒ http://commufreelife.com/kansen/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く