健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

乾癬とアトピー性皮膚炎の違い見分け方 健康

乾癬とアトピー性皮膚炎の違いについて、詳しく解説します。

【乾癬を完治できる病院では教えてくれない方法】はこちら
⇒ http://commufreelife.com/kansen/

乾癬の症状と似ている病気に、アトピー性皮膚炎という皮膚疾患があげられます。

乾癬の症状と似ている他の皮膚疾患はいくつかあるのですが、
中でも特に間違われやすく、勘違いしてしまいがちな病気が、アトピー性皮膚炎です。

両方とも体質に関係する病気で、免疫反応に異常が起きると言う点で似ています。
また、皮膚湿疹ができ、一時的に良くなっても再発を繰り返す慢性的な病気である点も共通しています。

では、乾癬とアトピー性皮膚炎の違いを見分けるには、どうしたら良いのでしょうか?

乾癬とアトピー性皮膚炎の違い見分け方

かゆみ症状

アトピー性皮膚炎では、強いかゆみ症状が出るのに対して、
乾癬の場合、かゆみを感じる方・全くかゆみを感じない方がいます。

湿疹症状のできやすい部位

乾癬では、肘や膝・頭皮など、外部から刺激を受けやすい部位に、湿疹ができやすくなります。
アトピー性皮膚炎の場合には、体の中でも柔らかい部分に、湿疹ができやすいと言われています。

湿疹症状の出かた

乾癬の場合には、湿疹は左右で非対称に出るます。
アトピー性皮膚炎の場合には、左右対称に湿疹が出ることが多くなっています。


乾癬とアトピー性皮膚炎では、原因が異なるため、症状の出かたに多少の違いがあります。
また、アトピー性皮膚炎の症状や原因は、子供と大人でも違いがあります。

どちらの症状であれ、改善するためには、まず専門医の診断を受け、
乾癬なのかアトピー性皮膚炎なのか?を明らかにする必要があります。

実際、専門のお医者さんでも、皮膚を採取して検査しないと、
乾癬とアトピー性皮膚炎の違いを正確に判断することはできないようです。

自己判断による治療や、放置しておくのは危険ですので、まずは医師の診断を受けるようにしましょう。


【乾癬を完治できる病院では教えてくれない方法】はこちら
⇒ http://commufreelife.com/kansen/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く