車ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

重いバイクは早く走れない 車



 250ccのスクーター(車重200kg)に替えてから、前輪をロックさせて派手に転倒してしまいました。
 初めての転倒でこんなに痛いのかと驚きましたが、幸い骨折もなく命を落とす事も無かったので、色々バイクについて考える機会になったと思っています。
 重いバイクに乗っておられる方は、ご注意下さい。

重さに比例して止まりにくくなる


 ざっくり言って、物体の運動エネルギーは重さと速度の二乗に比例するそうです。

 確かに教習所で「速度」で制動距離が二次的に伸びる、と言う話は良く聞いた記憶があります。
 しかし、「重さ」で制動距離が伸びる、と言う話はあまり記憶に無いように思います。
 これはある一つの決まったバイクでの運転の注意点であるために、重さは変えようがないので省略されているのではないかと思います。

 そしてこれはブレーキの性能が同じなら速度が同じでも、車重が100kgと200kgでは止まるのに二倍の距離が必要と言うことになるのだそうです。
 (以下、ライダーの体重は省略します。)
 

重いバイクでぶつからない様にするには、スピードを落とさなければならない


 ブレーキが同じなら同じ距離で止まろうと思えば、200kgのバイクは100kgのバイクの半分のスピードでなければならないと思います。もしくは100kgのバイクのスピードの平方根でしょうか。
 計算は苦手ですが、半分位しかスピードを出せないのでは困るので、重いバイクはブレーキ性能を強化します。

 しかしブレーキは強化できますが、タイヤのグリップには物理的な限界があるのではないでしょうか。
 
 バイクのタイヤはバンクさせないといけないので断面が丸く、接地面は名刺一枚程度しか無いそうです。
 太くしても接地面はあまり増えない様に思いますし、そもそも接地面積が増えると摩擦力が上がるものでも無いようです。
 ブレーキ時は前輪の小さな接地面に、ライダーの体重を足した270kg位の動いている物体を止める摩擦力が必要になると思いますが、余裕があるとは思えません。少しでも路面が濡れていたり、砂が浮いていれば大変危険です。

 バイクは移動の手段でもあり、スピードを求めて乗るものでもあります。
 より早く走るために排気量やパワーを上げますが、そうするとどうしても重くなります。
 しかし、重くなると止まれないので結局スピードを出せないという矛盾が生じるのではないでしょうか。
 バイクメーカーはこの危険性が分かっていても言えないと思います、ABSはそうした事の有効な防止策だとは思います。
 またバイクのブレーキは、ライダーの技量に左右されると言う表現がされますが疑問が残ります。
 重いバイクは、物理的な安全マージンが元々少なかったのではないでしょうか。
 重くてスピードが出ている状態は、二次的以上に制動距離が伸びる。それを止めようとするのは、スリップの危険性がかなり高いと思います。
 そしてその場合、前輪のロックと言ってしまいますが、正確に言うとロックよりスリップが先でタイヤがグリップを失うのではないかとも思います。

 重いと、止まって足を付き損なっただけでも危険です。

大型バイクのライダーは安全運転で、パッドの入ったジャケットを着る理由


 漠然と、大型バイクのライダーさんは街中で一時停止をきちんとして、スピードも控えめで、左右確認も首を振って確実に運転するイメージを持っていました、
 パッドの入ったジャケットや、革ジャンも非常に多い。

 さすが限定解除の免許で、鍛えられているんだなとずっと思っていました。
 
 しかし、自分が200kgのスクーターで転倒してから、重いバイクは危険で安全運転しかできないのではないかと思うようになりました。
 通勤に使っても気が付けば125ccや、100ccの時より安全運転になっており、悪く言えば遅いのです。

 サーキットのような、飛び出しが無くコーナーも決まった位置にある場合は別だとは思いますが、街中では原付二種と言われる50から125ccがベストのように思います。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く