ビジネスノウハウをみんなで自由に編集し合える!

自分の成果物に見合った報酬を得るためのギャラ交渉術 ビジネス

フリーランスのクリエイターとして活躍する場合、ギャラ交渉は自分で行わなければなりません。しかし、なかなか上手くいかないのが世の常。
では、納得の行くギャランティを受け取るためには、どのようなポイントを押さえておくといいのでしょうか?

ギャラ交渉は必要不可欠

会社に勤めていれば、毎月ほぼ自動的に、ある程度の決まった額が振り込まれますが、フリーランスになれば仕事を引き受けると共に自分でギャラ交渉をしないとなりません。
ギャラ交渉をしなければ、不本意な金額しか入ってこなかったり、ともするとノーギャラだったなんてこともありえます。
では、ギャラ交渉はどのようにしたら良いのでしょうか。

ギャラ交渉のポイント


業界相場を知っておく

自分の業界の平均価格や相場を知っておきましょう。相場を知らずに交渉に入ると、クライアントに提示されるがまま、時間や仕事量に見合っていない額で仕事を請けてしまう恐れがあります。(中略)安い報酬で仕事を請け負うことは、将来的に業界全体の質を下げることにもなりかねません。とはいえ、仕事の質に見合っていない高い報酬では、依頼がどんどん減ってしまいます。業界の平均的な価格を知った上で、そこに自分の仕事としての“付加価値”を付け加え、報酬を決定したいものです。

相場を知った上で交渉することが大切です。
クライアントの提示額は必ずしも適正価格ではありません。

自分の標準額を設定する

基本的には欲しい金額で良いと思います。そしてその中で金額を確定させる交渉のカードには「作業内容・スケジュール・経験・技術力」などの要素があります。これらのカードを元に総合的に判断して単価の交渉、決定をしていく場合がほとんどです。
安売りしては以降の価格交渉がしにくくなりますし、かといって選り好みしてあれもダメこれもダメと仕事を断っていては生活ができないので、自分で最低価格を決めておくことが必要です。

作業に必要な時間数や必要経費などのコストを鑑みて、「このくらいの仕事ではいくら」と自分の仕事の「お品書き」を作っておきましょう。
但し、気をつけなければならないのが、他社の仕事の価格と比較する場合です。

他の仕事との比較で単価交渉する場合に気をつけたいことは、他社の具体的な会社名やプロジェクト名を出さないことです。もし「どのような会社のどのプロジェクトですか?」と聞かれても答える必要はなく、「守秘義務に違反しますのでお答えできません」と伝えましょう。

守秘義務を遵守するのは当然のことですが、うっかり話してしまう人がいることも事実。
どれだけ「他所ではいくらで引き受けたのか」を問われても、話してはいけません。
守秘義務を遵守することにより、ああんたの信用度はアップします。
信用のない人に仕事は入ってきません。

最初に提示する金額は少し高めに

フリーランスになったばかりの頃は、「とにかく仕事がほしい!」と安請け合いしてしまいがちです。けれども、安い報酬から値上げしようとするのは、失敗のもとです。最初に安く引き受けると、それがお客様のなかで当たり前になって、「相場」として固定されてしまいます。この状態を「価格のアンカリング効果」と呼びますが、その状態で値上げすると、「なんで高くしたの!? 」とお客様が嫌悪感を示すのです。しかも、低い金額を先に伝えたら、「値段を上げてください!」とはいいにくくなります。「まずは安く……」ではなく、最初から双方にとって満足のいくラインで契約をすることが重要です。


意外と重要! お金の話は最初にしておく

打ち合わせや作業が進んでから、安い金額を提示されたり、実はノーギャラだったというのは残念なことに多々あること。
口頭レベルや見積もりだけで進めてしまわずに、契約書を取り交わしておくことにより、不払いなど支払い面での不安要素を消すことができます。

まとめ

支払う側は一円でも安くしたいのが当然の心情。
ですがそれを受け入れてばかりいては、フリーランスとして生活が成り立ちません。
きちんとした価格で引き受けること、自身の技量を上げクライアントが充分満足するものを納めることが次の仕事へとつながっていきます。

おまけ

Twitterでバズったリンクを参考までに貼っておきます。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く