旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

ビック・コーンを歩く 旅行

ありさはスキューバのPADIアドバンス・コースを取得するため、朝から海へ。
自分はカメラ片手に島を歩いて1周することに。
1時間半で周れると聞いたので、余裕だと思って歩き出す。


島の北側は海がとても澄んでいて、透明度がかなり高そう。
まだ風が少しあるけれど、止むともっと海がきれいに見えるそうだ。
リトル・コーンの方がきれいだと言われているけれど、
ここでも充分なくらいだ。
リトル・コーンはモルディブのようなリゾート島の感じがする。
大陸から離れているため、物価がかなり高い。その点でもリゾートちっくな印象を受ける。
ビック・コーンも大陸よりは物価が高いが、リトル・コーンほどではない。
観光客は皆リトル・コーンに行ってしまうようで、
あまりというか、ほとんど観光客を見かけない。
移動のために寄っているだけという人が多い。
ビック・コーンはローカル色が濃く、ご飯もローカルのお弁当やさんがあって、
安くて助かる。滞在期間中毎日お世話になりそう。
今日はかなりギラギラと太陽が照っていて、日射病になりそうなくらい。
それでも、美しい海を見ながら、のんびり島を歩くのは気持ちいい。


北の方にはあまり住民がいないようで、家がちらほら見えるだけ。
気候といい、雰囲気といい、ハワイの島の田舎のような光景。
住民の人も気軽に声を掛けてくれる。

1時間半歩いても島の半分くらいしか進んでいない。
あまりに時間が掛かりすぎる…
島にはタクシーが溢れていて、お昼には小学生たちがタクシーに乗っていったん家に帰っている。
ちょうどそのお昼どきに疲れ果ててきたので、タクシーに乗ろうにもなかなか捕まらない。
結局2時間以上かかって島を1周。
全く何も無い島だけれど、とても好きな感じを受ける。
いいところだわ〜。
しかし、コーン島というくらいだからとうもろこし畑がいっぱいあるのかと思ったが、
全く見当たらない。なんでコーン島?
ゆーじ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-257.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く