旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

もうひとつの古都グラナダ 旅行

レオンを離れたくないなという想いをもったまま、重い腰を上げて出発。
バスを乗り継ぎ、もう一つのコロニアルな古都グラナダへ。
グラナダは、レオンとどちらを首都にするかを争った町。
レオンのような政治色の強いメッセージや壁画は見られない。
ましてはゴミがあまり落ちていなくて、
とてもきれいな街並みをしている。


一見するとグアテマラのアンティグアに似ているなって思う。
けれど、圧倒的に違う点がひとつ。
町を歩いている人の数が断然と少ない。
レオンも少なかったけれど、ここも負けじと少ない。
日中は暑いからみんな家に引きこもっていうのだろうけれど、
夕方からでも充分少ない。
この街並みのきれいさと人の少なさは、レオンで感じていた居心地のよさと同じ様なものを感じる。
レオンよりも、ほんの少し物価が高く、町が洗練されている。
やっぱり見所が少なく、かなり町自体は小さい。
2、3時間あれば全てを見て周れるくらい。
ここなら住んでもいいなって思わせるくらいの静寂さ。


夕暮れに町を歩く。
涼みに家から出てきた人たちが思い思いに立ち話に興じている。
なんとも平和な光景だなって感じる。
ニカラグアという国は危ないというイメージが先行されがちだけど、
自分達が受けた印象はとても優しい人々の国だった。
また、ゆっくりしに来たい国だ。

まだしばらく居たいなって思うけれど、
なんと宿の給水管が破裂したか何かで宿の前の道路が水浸しになっていた。
もちろん宿の水は断水。まいったな。
これは、先に進むべきかなと思い、明日にはコスタリカに向かう事に。
ゆーじ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-260.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く