旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

マニュエル・アントニオ国立公園へ バスの旅 旅行

サン・ホセからバスで約3時間半、マニュエル・アントニオ国立公園の手前の町、ケポスへ。
コスタリカには国立公園がいくつもあるけれど、
マニュエル・アントニオはサン・ホセから近く、比較的多くの種類の動物を見られると聞いたからだ。
国立公園内外にはビーチもあるそうなので、ロサンゼルス以来の太平洋を見るのも楽しみ。
サン・ホセ発の直通バスは、9:00の次が12:30。
私達は9:20頃にバス・ターミナルに着いてしまったので、カラーラ経由の乗り合いバスで行くことにした。
直通よりもちょっと時間はかかるけど、
もしかしたらカラーラの町の橋の下にうじゃうじゃとたむろしているという
アメリカワニの群れが見られるかもしれない、と淡い期待を抱いてバスに乗り込む。
バスがカラーラに近づくと、とにかく橋を通るたびに橋の下を見てみる。
けれども、どの川も雨季で増水しているためか、ワニが浅瀬で休んでいるような姿は発見できなかった。
まあ、バスからワニ探しをする体験もそんなにあることじゃないから楽しかったけど。
到着したケポスの町はとてもこじんまりとしていた。
海辺の小さな町。
のんびりしていて、いい雰囲気。



宿に荷物を置いて、小さな市場を散策し、お土産屋さんを覗いき、海を眺め、食堂で一休み。
ナチョスとビールをいただきながら、明日訪れる国立公園に思いを馳せる。
一生に一度は行ってみたかったコスタリカの国立公園。
動物、見られるといいな。
ありさ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-275.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く