旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

青年海外協力隊員さんと飲茶! 旅行

朝、ケポスの町からサン・ホセへ。
ありさが最近咳が止まらないことが多いので、
病院へ行ってみることに。
保険会社から紹介された病院は、私立の病院ですんごい最新設備。
隣にホテルが併設されていて、病院のアミューズメント施設のよう。
先進国の香りがしてくる。
ありさの容態はひどくはないようで、
とりあえずの薬ももらったので、安心して宿へ。
今日は夜に青年海外協力隊(JOCV)の方とお会いする事になっている。
その前にサンホセの中心部を歩く。



夕方に差しかかろうとしている時間帯で、仕事帰り、学校帰り、待ち合わせ等々でものすごい人がいる。
遊歩道となっている道にわんさか人が行き来している。
そして、みんな結構歩くスピードが速い。
久し振りに横浜駅の地下道を歩いて人を除け切れないような、歩き辛さ。
すごい町だ。
待ち合わせのマクドナルド前も、すごい人で溢れ、ハチ公前を想像させる。
連絡をくれたTさんは、私達の旅に関心を持ってくれて、
任期中の10月末までにコスタリカに来る事があれば会いましょうという事にしていた。
私達の旅は途中グアテマラで1ヶ月滞在したり、旅程も何も決まっていなかったので、
会えるかどうかといったところ。
コスタリカの予定を決めたのもつい最近で無理を言って、私達に日程を合わせてもらった。
他にもJOCVの方3人と一緒に中華!
この前の中華じゃなくて、隠れた?名店!
ここも飲茶うますぎました。
さすがJOCVその国の事には詳しい〜。
お勧め黒ビール!はうまいっ。

わたしたちふたりも協力隊出身で、共通点が多いというか、話が合うっていう感じがする。
そして、協力隊の人全般に言えるけど、
初対面でもなんとなくすぐ打ち解けてしまうような気がする。
旅の話をってT君は思っていたかもしれないけれど、
結婚ネタに終始していたような。
それでもかなりおもしろかった。
みんなやっぱり個性的だ。
自分達の協力隊時代を思い出すかのようで、懐かしいやら…
もっと話をしていたかったなと思う。
今思えば協力隊の頃に、こういう世界一周の旅をするなんて思ってもいなかった。
いろんな事を思い出した。
声を掛けてくれたT君に感謝。
これからも世界中で誰かに会っていろいろと話をしてみたい。
ゆーじ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-268.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く