旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

11カ国目パナマ入国! 旅行

コスタリカからお隣パナマへ
毎度おなじみのTICAバスで18時間の移動。
朝11時に出発なので、明日の早朝に到着する予定。
コスタリカのサン・ホセから南下すると、相変わらずのくねくね道で気持ち悪い。
途中の小休憩でご飯を食べてなんとか復活。
まだ夕方4時。
これは昼ご飯なのか?夜ご飯なのか?
とどうでもいい事を考える。
国境までもうお金を使わないだろうと思って、
余ったコインでお菓子買いまくり大会。
移動の楽しみはこれくらい…
次に止まったのはコスタリカ-パナマ国境。
乗客が6名しかいないので、何の説明もなしにバスから降りて自分で出国審査。
ただ出国のスタンプを押してもらうだけ。
入国は厳しいが、出国は特に何も無い。
パナマ側の入国には、なぜかそこから数メートル歩く。
きょろきょろしていると、同じバスの乗客が一緒に行ってくれて助けてもらう。
国境と言うより、すでに町の中。
普通に住民で溢れている。
そんなところに入国審査がある。
逃げようと思えば逃げれそうなところ。
パナマの入国税にひとり1USD。
バスに乗る際にパナマ入国にはひとり300USD持っていないとダメ。
みたいな事を言われて、引き落としに行ったのに何の提示もなし。
なんだったんだ?
いちおうバスに預けた荷物のチェックもあり。
といってもちらっと中を見る程度。
すんなり11カ国目パナマ入国!
しかし、もう夜。
到着まであと何時間もかかる。
パナマの道路はかなり整備されていて、
バスはぐんと加速して、進んでいく。
それでも、ほとんど揺れない。
いつの間にか寝ていて、次に止まったところがパナマシティのバスターミナル。
時間はなんと深夜2時!
はやっ。3時間近く早く到着。
ここで移動するのも怖いな〜と思い、バスターミナルをぶらついていると、
意外にも開いているお店がちらほら。
ファーストフードでも食べてまったり。
眠いので警備員がいるバスの待合室で寝ることに。
横になると怒られるので、座ったまま睡眠。。。


ここはホンジュラスでのバスターミナルに匹敵する巨大なバスターミナルで、
ショッピングモールも併設されている。
田舎だと思っていたパナマ。しかし、中米で一番の(メキシコ除く)都市な感じ。
中米について知らない事、勝手なイメージを持っていたんだなとつくづく思う。
ゆーじ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-274.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く