旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

丘の上から街を眺めて 旅行

コロンビアには、まだ見所が多いのだけれど、どこへ行くにも長時間がかかる。
それよりももう少し物価が安く、さらに自分達にとってさらに見所が多いエクアドルに行く事に。
今日の夜行で直にエクアドルの首都キトに向かう事にした。
というわけで、今日特に何もする事がないので、旧市街の裏にそびえるモンセラーテの丘の上に行ってみることに。
日曜日にはケーブルカー・ロープウェーが安くなので、それを使ってみることに。
この丘3000m以上あり、昨日のコルパトリア・タワーよりも標高が上。
歩いても行けるが、高地で歩く気力がないのと、今日はなぜか歩道が閉まっている模様だったので、
まずロープウェーで登る。
地元の人も安いせいか、長蛇の列を作っている。
一気に丘の上へ。500m近くを一気に行くと、もう空気が薄い!
これは本気できつい。歩く足取りは重く、呼吸もかなりしんどい。
自分達が特別高地に弱いのだろうか?
景色を見ても特に何かを集中して見れなさそうなので、そそくさと降りてくる事に。
昨日に引き続き、高地の修行みたいだった。
ボコダの街並み。
一部高いビルが並んでいるだけで、あとは低い建物ばかり。
高地の平らな所に街を創ったのが一目でわかる。
そして、空が低い。
この空が迫ってくるような様が好きだ。


ボゴタの地上高度2500mにもう少し慣れてから丘の上3000mに行けばまだ楽なのだろうけれど、
これは果たして慣れる事があるのか…
ボリビアの3000m以上が怖くなってきた。
日曜の町には、あまりひと気がない。
それがなんとなく怖い感じを受ける。
ボゴタは結局終始緊張していたような気はする。
なんだろうかこの殺気は?
夜の町には大麻のような匂いも漂っている。
それが当たり前のような感じだった。
町に人通りは無いけれど、公園では泥棒市が開かれていて人々で賑わっている。
一見ガラクタなモノが多数。こういうものまで売るのか…なんて思うモノも多数。
それでも見ていて楽しい。


泊まっていた宿に戻り夜まで時間をつぶしてのんびり。
バスターミナルへタクシーで。
さて、夜行でエクアドルで無事を祈りたい。
ゆーじ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-282.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く