旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

沖縄そば食べて、恋人達の海辺へ 旅行

昨日、うどんと太巻きでお腹が一杯になったため、後ろ髪を引かれる思いで後にした「沖縄そば」のお店。
朝起きて、バスに乗って直行してしまう。
「沖縄そば」なんて、この機会を逃したら次にいつ食べられるか分からない。


やってきた沖縄そばは、山盛り。
煮込まれたチャーシューうまっ。卵ふんわり。ネギも新鮮。
思い描いていたような沖縄そばのスープの味とはちょっと違ったけど、長旅にはやさしい味。
麺の量が2〜3人前くらいあったので、お腹をぺこぺこに空かせて行くのがお勧め。


もう食べられない!と言いながら、大好きな胡麻団子を食べないわけには参りませぬ。
中華街は世界中にあれど、胡麻団子にはなかなかありつけない。
胡麻のツブツブ感、お餅のモチモチした歯ざわり、そして甘すぎないあんこ!
まさにキングオブ中華菓子。
そしてやっぱり昨日のうどんのお店に勝手に足が向かってしまう。
狙うは昨日泣く泣く諦めた、お餅、ワッフル、いなり寿司。
さすがにお腹いっぱいなので、今夜のおやつということにしてテイクアウト。
ついでに中華街で「大白兎(中国語で何て読むんだろう)」という名前のミルキーのようなソフトキャンディーも購入。
これはクイーンオブ中華菓子。好物。


名残惜しくも中華街を後にし、新市街のミラフローレス地区へ。
崖の上が近代的なショッピングセンターになっており、
その前を誘うかのように風にのったパラグライダーが通り過ぎる。
高いところに行ったり、低いところに行ったり、海の方に行ったり、
ショッピングセンターの屋根の上を通ったり。
風に押されてふわふわ。


日が沈むまであっちへふわりこっちへふわりするパラグライダーを飽きることなく見続けていた。


日が沈んだら、ショッピングセンターから10分くらい歩いて「恋人達の公園」へ。
キスをする恋人達の巨大なモニュメントの下で、結婚式を終えたカップルが記念写真を撮っていた。
周りには、夕暮れ時を楽しむカップルがいっぱい。
ただ海を見るだけに海岸に集まるなんて、ロマンチックだな、リマっ子は。


宿に戻ったら、シメシメとお土産の箱を開ける。
日本に帰ったばかりだというのに、日本の味に興奮しながら、かみしめ、かみしめ味わう。
ありさ
FC2ノウハウ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-328.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く