旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

アルパカ三昧 旅行

コンドルの飛ぶコルカ渓谷への1泊2日のツアーに参加。
本日はアレキパとコルカ渓谷の中間地点にあるチバイという街まで行って1泊する。
普段はほとんどツアーに参加しないのだけど、コンドルが見られる時間にあわせて公共交通手段を使うのが難しそうだったのと、道中、動物を見つけるたびに車を停めてくれると聞いたからだ。
ツアーというと、最初だけ気合のままに詳しく説明して後は尻つぼみだったり、参加者にまとまりがなかったりするのかな、と思っていたのだけど、車が走り出したとたん開始されたノンストップの解説と、細やかな案内にはびっくり。
参加者の人達もフレンドリーだし、途中で休憩しても集合時間前には全員が車に戻っている。
システマチックで、細やかで、日本のツアーみたいで拍子抜けしてしまった。


チバイへ向かう道は、大平原に一直線に伸びる。


途中、動物を見つけてはバスを降りて撮影タイム。
黄金色の毛を持つビクーニャは、標高約3,700- 5,000mの高地の草原でしか見られない。
まつげが長くて目がどんぐり形。
2年に1回しか毛を刈ることが許可されておらず、細いなめらかな毛は高値で取引されるそうだ。
ガイドさんによると、ピクーニャを家畜として飼う事は禁止されており、国立公園内で放し飼いにされ、毛狩りも専門の係員によって行われるという。



最近、日本でも大人気のアルパカ。
毛がもふもふしていて、草を食んだ後にふと顔を上げたときの表情がなんともたまらない。
標高3,500 - 5,000mの高地で、家畜として飼われている。
ペルーの各都市の観光地でも民族衣装を着た先住民の人々が写真撮影用にアルパカを連れていることがあるが、
人によく懐いている。
白以外にも、茶色、灰色、黒色などの毛を持つアルパカがいる。
生まれて初めて刈られた毛で作られた製品はベビーアルパカ製品として、高級品とされている。


チバイへ向かう途中、一番標高が高い4,800mの峠を超える。
そこでは民族衣装を着た女性や子供達が民芸品を広げて観光客の到着を待っている。
私達のミニバスが到着すると、必死の呼び込みが掛かる中、この子だけ端っこの方で遊んでいた。
普段はどこに住んでいるのだろう。


標高が最高地点の峠には、人々が石を積んだものが辺り一面に広がっていた。
インカの時代に商人達がクスコへ向かう際、商売の成功と旅の安全を祈って石を積んだのがきっかけで、今は旅行者も石を積んで旅の安全を祈願することができるそうだ。
やってみようと思うも、標高が高いせいで風が強く、空気が冷たく、日差しが強いため、そそくさと車に戻る。
途中休憩では、コカの葉がこれでもかというくらいたくさん入ったコカ茶をいただく。
ティーバッグのものはリマで飲んだことがあるけど、葉っぱの入ったものはこれが初めて。
緑茶に似たなつかしい味で、ほっとする。
コカは、高山病に効くと言われているけど、ただ神経を麻痺させているという説もある。
どっちにしても、高所では水分補給を多めにした方がいいし、おいしいから、これからの高所の旅ではお世話になりそう。


こじんまりとしたチバイの街に到着すると、昼食タイム。
この街の女性は、刺繍を施したロングスカートと帽子を被っている。
ふわふわ、ふわふわ、とスカートの裾を揺らしながら歩く姿には、うっとり見とれてしまう。


一旦荷物を宿に置いて休憩した後は、再び再集合して車でバニョス・ラ・カレラという温泉へ。
岩山のふもとに6つのプールがあり、そのうち外国人が入れるのは3つのプール。
でも、私たちが訪れたのはオフシーズンだったのか、3つプールのうちの1つだけにお湯が張られていた。
この温泉では、湯につかったまま、ビールなどの飲み物をオーダーできる。
グラス片手に、あったかい温泉で、思い思いの時を過ごす。
開放感溢れた大きな露天風呂、最高!

夜は、民族舞踊付きの夕食へ。
収穫や恋の踊りの後は、鞭を使った踊りなんかもあって、観客も参加して盛り上がる。
次はどんな踊りかな、と楽しみにしていると、踊り子のお姉さんがゆーやんをめざして一直線に向かってくる。
一方のゆーやんは、お店の子ども達との会話に夢中で気づかない。
お姉さんに肩を叩かれたゆーやん。
何のことか分からない表情をしているけど、隣の席の誰かさんに「行ってきんさいやー」と促され、中央へ。
音楽が鳴り始めると、お姉さんがニヤニヤしながらゆーやんに服を着せていく。
スカートを履かされ、リボンのついた帽子を被らされ、ショールを羽織らされ。
中央に呼ばれた男性陣は皆女装させられ、手を繋がされ、なされるがまま。
肩を揺らし、腰を振り、飛んだり跳ねたり。
私はもう、笑いが止まらない。
後で聞くと、高所なので、ダンス中は呼吸が大変だったらしい。
宿へ帰る車に乗り込むと、参加者の皆が「ダンスよかったよ!」とゆーやんに声をかけてくれる。
こういう気の利いたことをさりげなく言えるなんて、本当にかっこいい。
秘密にしておこうかと思ったけど、この日の夕食にアルパカ肉を頼んでしまった。
脂身が少なく、七面鳥に似た食感で、臭みが強い。
あーごめんなさいっ!もうアルパカに会わせる顔がない。
もう2度と食べません。
ありさ
FC2ノウハウ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-337.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く