旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

涙のわけ 旅行


高級住宅街にあるブルーベリーカフェへ。
日本人オーナーが経営しており、日本風のカレーと照り焼きチキンが食べられるとして旅人の間では有名なお店。
中心部からはちょっと遠いけど、おいしいもののためなら足取りも軽く、浮き足立って店内へ。
店の奥はガラス張りになっており、そこから明るい光が差し込む。
しっとりとジャズが流れる落ち着いた空間は、いつ以来だろう。
カツに目のないゆーやんはカツカレーを、私は照り焼きチキンをオーダー。


待っていると、お水とミニサラダが運ばれてきた。
なんだか日本の喫茶店みたい。
サラダにドレッシングがかかっておらず、自分の好みでオイルやビネガーを調合できるのもうれしい。
安心して食べられる生野菜のサラダなんて久しぶり。


カツカレーは絶品。
衣はサックサクで、ルーは具が小さくなって混ざり合うまでよく煮込まれている。
香辛料もほどよく使われていて、家庭のカレーではなく、洋食屋さんでいただくカレーの味だ。


照り焼きチキンは、旅人が絶賛するのも納得。
チキンはもちろんおいしいのだけど、あまーいタレでご飯をいただくと、おいしーい!
口の中が甘くなりすぎたら、付け合せのインゲンとコーンでお口直し。
海辺をドライブしていてふと入った喫茶店で、美しい母娘が楽しくお料理を出してくれるような、そんな雰囲気と味(妄想…実際の店内は、偶然かもしれないけど従業員の方は全員ダンディーな男性のみだった)。
ゆーやんは、カツカレーを食べながら、うっすら涙を浮かべていた。
最近、ゆーやんはよく涙を浮かべている。
日本料理屋けんちゃんで漫画の「ワンピース」を読み、一巻読み終わるごとにつぶらな目に涙を溢れさせ、ご飯が出てきたらそのおいしさに涙を浮かべる。
うーん、よかったねぇ。

幸せ気分のまま、お隣のアレキサンダーカフェに移動し、ここではソファ席でコーヒーを満喫。
ここはチーズケーキがおいしいと聞いて楽しみにしていたのだけど、お目当てのイチゴが乗っているものがなく、チョコチーズケーキを注文。
脳みそにガツンと甘いもの。
外国らしい、濃厚なケーキだった。
ここのコーヒーは、ブラックで頼むと濃いので、牛乳や甘いものと一緒に飲むとちょうどいい。
店内はWiFiが飛んでいるので、しばらくインターネットタイム。
ボリビアの宿はあまりネット環境がよくなくて、WiFiがない宿が多く、あったとしても回線が遅い。
なので、パソコンを持ち歩いて回線の早いところでネットをしているのだ。
夕方、お店を出ようとすると、お目当てのイチゴのチーズケーキがホールでショーケースに並んでいた。
なぜこんな時間に登場?
夕方からケーキ食べる人がいるってこと?
逃がした魚は大きく、美味しそうだ〜。
ありさ
http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-361.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く