旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

美しきかなスクレ 旅行

ラパスから夜行バスで12時間。
ボリビア憲法上の首都、スクレへ。
ある程度の都会を想像していたが、これがまったくと言っていいほど違っていて、
こじんまりしたきれいな街。
そして気候がとてもいい。
半袖で平気なくらい昼間は暖かい。
こんなぽかぽかな陽気はずいぶん久しぶりだなと感じる。
そして、かっなり乾燥しているので、すかっと爽快。
ボリバール公園に行って木陰で涼む。
なんとも平和な感じがする。
ラパスの喧騒が嘘のようだ。


そして、この公園の名物?ミニ・エッフェル塔。
なぜエッフェル塔なのかは不明…
街の南側には大きな墓地がある。
宿のお兄ちゃんが、とってもかわいい(Muy Lindo)というから訪れてみる。
かつて銀で財を成した人が多いだけに、びっくりするような大きさや装飾の墓地が多々。
観光している人もかなり多く、この墓地は有名なようだ。



墓地に対する感覚が日本人と違い過ぎていて、そのかわいさというものがよく理解できなかった。
東にはEl Gueroという地区があり、そこから街が見渡せるとのことで行ってみる。


上から見ると屋根瓦のオレンジ色がきれいに揃っていて、オレンジの街だなって思うも、
道を歩くと家々の壁は白く、街全体が白く統一され、白い街(Ciudad Bulanco)の所以となっているのが伺える。
この地区には、猫(Gato)何々という小さな通りがいくつかあり、かわいらしい。



白い壁に眩い陽射しに、歩くだけでもいい気分になれる。
スクレ、陽気な気候も手伝って、歩くには素敵な街だ。
中米から何度も訪れてきたコロニアル都市。
まだまだ捨てたものではない。
ゆーじ
FC2ノウハウ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-365.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く